洗濯機を買い換える時はここを押さえろ!

家電芸人という言葉を最近よく耳にする。電気屋の店員さん並みに家電について詳しい芸人さんたちのことだ。やはり男の人が多い気がする。我が家でも私が機械オンチなのに対して、いつも家電を選ぶときに最終決定を下すのは家電に詳しい夫の方である。女の人より男の人の方が、メカには強いのかもしれない。
だけどママ友同士で集まって家電の話になると、結構詳しいママさんがいるものだ。私なんかは新しい家電を購入するときは、いつも決まった何人かのママさんに相談することにしている。最近洗濯機の調子が悪かったので買い替えようとアドバイスを求めたら、いくつかのポイントを教えてくれた。

一つ目が、ドラム式は買うな。欧米の水は硬水であるため、叩きつけるように洗うドラム式の洗濯機が主流なんだそうだ。だけど日本の水は軟水なので、かえって洗濯物を傷めてしまうらしい。
二つ目が、選択の残り時間が表示されるものを選べ。主婦の朝は戦争だから、行動も分刻みである。だから残り時間がわかればその間にできる家事を計画できるので、効率的に動けるのだ。
三つめが、乾燥器付きはいらない。洗濯機はカビが繁殖しやすいので、その状態で乾燥機を使うと、せっかく洗った洗濯物にカビが移ってしまい非常に不衛生であるそうだ。こまめにカビ取り剤を使って清潔にしておくのであれば問題ないと思われるかもしれないけれど、カビ取り剤では取り切れない部分にもカビは生えるのであまり意味がないそうだ。だったら乾燥機なしの安い物を買うか、乾燥器の代わりに別の機能がついた物を買うかした方がいいだろう。
そして四つ目が、後は好きに選べ。どこのメーカーも切磋琢磨しあって技術力を磨いているので、性能も耐用年数も甲乙つけがたいのだそうだ。私個人的には、○芝の家電は壊れにくいという印象があるけれど、それも人によって意見は様々だろう。

後悔しない洗濯機選びをしたいものである。